前へ
次へ

高齢者がついに土地活用で立ち上がりました

近年土地活用というものが注目されています。
なぜこんなに最近になって土地活用が注目されてきているのでしょうか。
それには大きな理由が隠されていました。
それはアメリカを中心とする資本主義社会の金利政策が関係しています。
金利政策で国の公定歩合が高い場合には銀行にお金を預けておくだけで元金を大幅に増やすことができます。
ですが今のように金利が限りなくゼロに近ければ元金を増やすことは全できません。
ところで日本人が現在持っている資産ですが総額1900兆円いう膨大な金額です。
その7割を団塊の世代が保有しています。
土地活用が、最近になってにわかに注目されてきているのには、銀行金利がゼロだということが大きく関係しています。
団塊の世代を中心とする高齢者等は、既にその全員が70歳以上になっていますが、65歳で定年退職する時に莫大な退職金をもらっています。
それらの退職金が日本の今の資産を支えているということになります。
たいていそれらの莫大な資産は銀行に眠っています。
銀行に眠らせているだけではお金が全く増えません。
それでこれらの高齢者たちは、ついに立ち上がることを決心したという次第です。

様々な種類のランドセルを取り揃えておりますのでお子様の好みのものが選べます
色や素材も豊富に取り揃えているため、お子様の好きなデザインのものを見つけることができます。

拡張性と費用対効果の高い国際IP-VPN
シングテルのシステムが可能にしています

窓防音の対策工事をお考えの際は当社におまかせください

70歳を超えるような高齢者でも、例えばアパート経営やマンション経営ならばできます。
土地活用の一つの形式として注目されているのがアパート経営やマンション経営です。
どうしてそんなに人気があるのでしょうか。
それは毎月安定した収入が得られるからに他なりません。
アパート経営やマンション経営では、最初にアパートやマンションを建設するときに大きな費用がかかります。
それをクリアできれば後は一生笑って暮らせるということになります。
このような理由で、高齢者でもアパート経営やマンション経営に乗り出している人たちが増えてきているのです。
これはどちらかと言うと積極的な理由というよりも、マイナス金利によるネガティブな要因が作用しているから、そのような状態になっているということではないでしょうか。
今後の動向から目が離せません。

Page Top